2018年10月アーカイブ

クレジットカードの支払い口座を変えました。
今まで使っていた都市銀行のR銀行から、都市銀行でも地銀でも第二地銀でもないS銀行へ。
いくつかのカードは、ネットで変更できたけれど、他の多くはネットで申込用紙を請求して郵便で変更届。
後で考えたら、ここで間違えた。S銀行、すっかりそんなことは忘れていたのだけれど、サイン取引だったのです。忘れていたから、はんこをつきました。
とうぜん、すべての届けは無効。
ただの無効ならいいけれど、全部ではありませんが、いくつかのカード会社では問題が起こりました。どうやら、


  • 届けがカード会社に届いた時点で、旧支払い口座のR銀行のほうは自動振り込みが解除。

  • 届けがカード会社に届いても、すぐに新支払い口座のS銀行には支払い依頼書が行かなかったらしく、いざ支払いを実行しようとしたところで、依頼書が無効とわかった。


結局、新旧どちらからもお金が下りず、宙ぶらりん。ちょうど、口座残高が足りなくて、振り込みできないのと同じ状態。
結局、支払日が過ぎてしばらくしてから、振込用紙が届く状態に。
幸い、手数料無料で振り込める銀行にお金を入れていたから、経済的な損失はほとんどなかったものの、クレジットカードの履歴に傷が付いたことは事実。
みなさま、クレジットカードの支払い口座の変更届は、慎重に出されますよう。

ちなみに、銀行から出なく、コンビニでも支払いはできた模様。その場合は、60円くらいの手数料がかかったはず。

最後に、「経済的な損失はほとんどなかった」と書きましたが、あるにはありました。
Yという、結構ポピュラーなカードです。
請求書の発行手数料が162円請求されました。
他のカードではこのようなことがなかったので、ちょっと驚きました。

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。